ゲームを快適にプレイできる高性能PCのガレリア

パソコンは仕事に使える以外にも、ゲームをプレイする目的でも使えます。しかし一般的なパソコンでオンラインゲームなどをプレイしようとすると、グラフィックがきれいでなかったり、動作が悪く感じられることもあります。これは最新のゲームにパソコンの性能が追いついていない場合に起こる現象で、快適にプレイするにはガレリアなどのゲーム用パソコンを購入するのが一番です。ガレリアとは、パソコン通販大手のドスパラが扱っているゲーム用パソコンのブランドのことです。ゲームを快適に動かせるように各所に渡ってこだわりのパーツ選びがなされており、ストレスを感じることなく遊べるのが特徴です。そのためにCPUやメモリ、ハードディスクなど性能の良いパーツが装着されています。またケースに関してもこもりがちな熱を効率よく排出できるようになっているので、パソコン本体の寿命を縮めることがありません。ゲームメーカーが推奨スペックとして選ぶのもガレリアですから、安心してプレイしたいなら選びたいブランドと言えます。

Diginnosはドスパラのオリジナルパソコンです。

Diginnosはドスパラが販売するオリジナルパソコンの名称です。ドスパラが自社で製品の企画から部品の調達、組立などの生産工程から販売、サポートまでを一貫して行なうことで、価格対性能比の高いパソコンを供給可能にしています。Diginnosは、一部を除き神奈川県の工場で一台ずつ製造されています。そのため、国内製造ならではの高い品質と信頼性で定評があります。Diginnosには、大きく分けて3つのラインナップがあります。デスクトップパソコンはタワー型からミニタワー型、コンパクト・スリム型など豊富な型が用意されています。ゲーム用のパソコンGALLERIAシリーズはCPU、ビデオカードなどゲームに最適な環境にこだわっています。ノートパソコンは17.3型大画面のものからスタンダードタイプの15.6型、ウルトラブックやモバイルノートなど用途に合わせたサイズとスペックが揃っています。クリエーター向けのハイスペックモデルとしてDiginnos Raytrekも用意されていますので、幅広いユーザーのニーズに合ったパソコンが揃うオリジナルパソコンです。

コストパフォーマンスに優れたBTOパソコン:マグネイト

マグネイトシリーズは、BTOパソコン ランキングでも常に上位に君臨するドスパラのBTOパソコンとして販売されているミニタワーモデルの1つであり、CPUにCore i3・i5及びi7を搭載した製品の総称です。マグネイトシリーズの一部はスリムパソコンにも存在しますが、拡張性の面から人気なのはミニタワー型となっています。マグネイトシリーズは、ドスパラで販売されているBTOパソコンの中でも価格が安く、相応の拡張性とカスタマイズ候補が豊富に用意されたコストパフォーマンスに優れたモデルです。ビジネス用途としてはカスタマイズ前の状態でも十分に活用できるものとなっており、メモリやCPUのグレードアップキャンペーンを行っている事もあるのでおすすめです。また、高性能CPUの搭載によって、グラフィックボードを追加する事でゲーミングパソコンとしても使用する事が可能となっています。ただし、ケースが小さめな分だけエアフローに気をつける必要があり、購入やカスタマイズを検討する際にはケースファンを高速にするなどの対策が有効と言えます。

株式会社レグルスの概要についてみてみる。

株式会社レグルスの概要についてみてみることにしましょう。株式会社レグルスは、埼玉県を中心に4つの工場(本社川越、春日部、鴨田、熊谷)と東京に営業所を持ち、主にウレタン樹脂成形品、ウレタン樹脂合成、塗料・表面処理剤の製造、諸研究の受託 、導電塗料の製造(カーボン系導電塗料、特殊導電塗料、導電性高分子系樹脂)、導電シートの製造、特殊シンナーの製造などを行っています。その中でも、特にレグルスが力を入れている主力商品は、ハイデンソー・シートとよばれるシートで、各種プラスチックに導電塗料を塗布することによって、導電性機能を付与したシートの作成を得意としています。ハイデンソー・シートは、電子部品や、液晶部品等の静電気による障害を受けやすい部品搬送用の容器向けシートとして最適なもので、ハイデンソーシートの具体的用途例としては、トレー、キャリアーテープに適しているとのことです。電子部品の小型化、多品化により、その需要は年々高まってきています。まさにこれからが勝負時の会社と言えるでしょう。

critea vh-aeという商品について

critea vh-aeはドスパラの提供する15.6インチのノートパソコンのことです。critea vh-aeの特長としては、グラフィックボードこそGeForceなどのゲーム方面の用途に特化したものではないものの、インテルの第4世代プロセッサーであるCore i7を搭載していること、8 プロセッシング・スレッド、即ち並行して複数の処理を行うことを可能とする技術の搭載や、高速DDR3メモリーをCPUに統合して処理スピードを上げたり、USB3.0を搭載してフラッシュメディアなどの外部メモリからの大容量のデータ転送を速くしていることがあげられます。ワイヤレス商品を使う際にも便利なBluetooth 4.0が搭載されています。DVDスーパーマルチドライブや、ウェブカメラも搭載しており、メディア方面でも便利な機能を持っています。また、criteaは提供するのがBTOパソコンで有名なドスパラということもあり、CPU、メモリ、ハードディスクなどをカスタマイズして注文することが可能となっています。

critea vf-heという商品について

critea vf-heは、BTOパソコンメーカーとして一定の知名度を誇る、ドスパラの提供する15.6インチ型ノートパソコンの1つです。第4世代インテルCore i7プロセッサーを搭載し、優れた処理能力を誇ります。また、最新のDDR3メモリをCPUに直結することでさらに処理能力を向上させています。また、criteaにはインテルHDグラフィックスをグラフィックボードとして採用しているものがありますが、vf-heではGeForceをグラフィックボードとして搭載し、ゲームをプレイする環境も一段上に整えています。その他にも、USB3.0、DVDスーパーマルチドライブ、ウェブカメラ、Bluetooth 4.0、HDMI出力を搭載し、マルチカードリーダーを内臓、高速無線LANに対応しています。なお、前述したとおり、criteaシリーズを提供するドスパラはBTOパソコンメーカーですので、こういった標準的な装備を基礎として、ある程度メモリやCPUなどのカスタマイズを行えます。

このページの先頭へ